このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

ここから本文です。

世の中は今! 〜○○を調査しました〜

 夫の気遣い、妻に届かず!?「いい夫婦の日」にはお互いの健康を気遣ってみては?

メットライフ生命では、11月22日のいい夫婦の日を前に、夫婦間の健康に対する意識調査を実施しました。
夫婦の間にはどのような意識の違いがあるのでしょうか。

■夫の気遣い、妻に届かず!?

健康について「相手を気遣っているか」、「相手から気遣ってもらっていると感じるか」をたずねました。
妻は、「相手を気遣っている」が89.1%で、夫は「妻から気遣われていると感じる」が82.1%でした。妻側が気遣っていると思っていることに対し、7%の差はあるものの、夫はほぼそのままにその気遣いを感じて受け取めていることがわかります。
一方、夫の「相手を気遣っている」の回答は86.2%であったものの、妻は「気遣われていると感じる」回答が63.1%にとどまり、その差は23.1%でした。
夫が妻に対して「気遣っている」と思っているものの、妻にはその夫の気遣いが「額面通り」に受け止めてもらえていない実態がありそうです。

配偶者の健康に関する気遣いと配偶者から感じている気遣いの男女における比較
※百分率(%)の小数点以下第2位を四捨五入

配偶者の健康のために行っている気遣いや行動

■気になる症状・病状は「乳がん」?

自分のこととして気になる症状・病状について、夫婦それぞれにたずねました。妻の回答のトップだった女性系疾患78.6%をのぞくと、夫婦ともに「がん」と「日常的な病気」をあげた方が60%を超えました。
また、気になる「がん」の部位についてたずねると、妻は自分のこととして気になるのは78.6%で乳がんがトップであり、夫が妻に対して気になるのも同じく乳がんで73.1%という結果でした。

自分のこととして気になる症状

妻が自分のこととして気になる「がん」

夫が妻のこととして気になる「がん」

■夫から妻へ伝わる気遣い。「乳がん検診」のススメ

相手のことを気遣っていると思っている夫と、その通りに受け止めていない妻。
このコラムを読んで「うんうん、わかる!」とうなづいてる女性、「どうして?なにがダメなんだ?」と言っている男性の姿が見えてくるようです。
男女ともに気になっている乳がん。当の女性たちは検診を受ける必要性はあると感じていながらも、受診率はまだまだ高くない状況です。PDFファイル
そこで、男性のみなさんにひとつのご提案です。大切な女性に乳がん検診を受けるように、そっと肩をおしてあげてはいかがでしょうか。夫婦でお互いの健康を考えるその第一歩として、女性を気遣う行動のひとつになるのではないでしょうか。

本調査に関するプレスリリース

2016.11.17

質の高い乳がん検診を「乳がん検診コンシェルジュ」(ご契約者さま向けサービス)

http://www.metlife.co.jp/customer/support/metlifeclub/begin/breasthealth/
M1612-0442

ページの先頭へ